札幌里塚病院

救急病院指定・労災病院指定

TEL 011-883-1200 休診:日・祝
診療時間平日 9:00~12:00/13:30~17:00 土曜 9:00~12:00

内科・消化器内科

文字サイズ
大
中
小

内科・消化器内科

診療内容と特徴

  • 消化器疾患の専門的診断・治療
  • 超高齢社会に対応した病気の診断・治療
  • 医療と介護・福祉とのスムーズな連携
1. 消化器疾患の専門的診断・治療
消化器疾患の中で、胃・大腸・肝臓疾患の専門的診療はもとより、胆嚢・膵臓 疾患の専門的診療も行っています。
例えば、胃の症状と、胆嚢・膵臓疾患から来る症状は非常に似ており、症状だけからは区別がつきづらいのですが、当院では迅速な鑑別診断や治療が可能です。
2. 超高齢社会に対応した病気の診断・治療
65歳以上の人口が21%を超えて「超高齢社会」となった日本における医療には、最新の医療知見や技術、治療の提供のみならず、高齢者の置かれた精神的、肉体的、社会的状況に即した、病気への臨機応変な対応が必要となります。
治療して治さなければならない病気、付き合って行く病気、積極的には治療しない病気など、ご本人やご家族と相談した上で、ご希望の治療を臨機応変に考慮します。
3. 医療と介護・福祉とのスムーズな連携
2025年までに国は在宅を中心とした医療・介護療養への転換を企図しています。
医療と介護・福祉との連携が叫ばれていますが、現状ではまだまだ連携出来ていないことは、医療・介護・福祉関係者共通の認識です。
スムーズな連携が取りづらい現状を改善するため、専門医療を行う大規模病院と、地域の病院や診療所などの医療施設はもとより、介護施設・サービスや福祉関連業種との密な「顔の見える」連携を推進しております。
当院の社会福祉士(医療相談員)、また、内科医師、看護師にお気軽にお訪ねください。

対応疾患

以下の代表的な疾患には全て対応が可能です。
特殊疾患に関しては、必要であれば専門病院との連携も致します。

  • 食道
    逆流性食道炎、食道ポリープ、食道がん、食道静脈瘤
  • 機能性胃腸症、慢性胃炎、急性胃炎、ピロリ菌感染、胃潰瘍、胃ポリープ、胃がん、胃肉腫
  • 大腸ポリープ、大腸がん、感染性腸炎、過敏性腸症候群、虚血性大腸炎、憩室炎、虫垂炎、慢性炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 肝臓
    脂肪肝・脂肪性肝炎(NAFLD)、ウイルス性肝炎(B型、C型)、慢性肝炎、肝がん、肝硬変、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変(PBC)
  • 胆のう
    胆石、胆のう炎、胆のうポリープ、胆のうがん、胆のう腺筋腫症
  • 胆管
    胆管結石、胆管炎、胆管がん、ファーター乳頭腫瘍
  • 膵臓
    慢性膵炎、急性膵炎、膵臓がん、膵管内乳頭状粘液腫瘍(IPMN)、自己免疫性膵炎

内視鏡治療・カテーテル治療について

胃・腸
胃や大腸のポリープに関しては、通常の消化器科を標榜する病院・診療所で診 断や治療が可能です。当院では、この他に、早期胃がんに対して内視鏡的粘膜下層はく離術(ESD)を施行しております。吐血や下血などの消化器出血に対する原因精査は元より、緊急止血術も数多く行っております。
胆のう・胆管・膵臓
この領域の疾患に関して、特に内視鏡的な診断・治療には高度な研修が必要な領域です。当院では、膵臓胆道疾患に関する検査や治療全般、特に胆石、胆管結石の内視鏡的診断や治療、胆のうがん、胆管がん、膵臓がん、またこれらの疾患に伴う閉塞性黄疸に対する胆道ドレナージ術(内視鏡的、経皮的)などを診断から治療まで迅速に行っております。
肝臓
B型、C型肝炎ウイルス感染に伴って、長い経過の間で、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんなど様々な肝臓病が出現して来ます。特に、肝臓がんに対して、ラジオ波焼灼術(RFA)、経動脈的に血管内塞栓術(TAE)を行っております。

外来受付・診察時間

受付時間
月~金
8:30~12:00
12:10~17:00
8:30~12:00
診療時間
月~金
9:00~12:00
13:30~17:00
9:00~12:00
休診日
  • 日曜日・祝日  年末年始
※緊急・急患の場合
この限りではありません
面会時間
月~金
15:00~20:00
13:00~20:00
日・祝
10:00~20:00

お問い合わせ

TEL011-883-1200
FAX011-883-7720
受付 / 8:30 ~ 17:00