腱板断裂について

もどる
 
・上腕骨頭を掴むように付着している筋肉を腱板と言います。三角筋(肩の表面側にある大きな筋肉)とともに、腕を挙げるのに重要な筋肉です。

4つの筋肉から構成されています。上方部分の筋〜棘上筋、後上方部分の筋〜棘下筋、後方部分の筋〜小円筋、前方部分の筋〜肩甲下筋になります。

上腕骨頭の外側の骨隆起を大結節といい、棘上筋、棘下筋、小円筋はここに付着します。
 上腕骨頭の前方の骨隆起を小結節といい、肩甲下筋はここに付着します。 

腱板断裂とは、それらの筋肉の腱部分が切れてしまう疾患です。
 多くの場合、棘上筋の腱から断裂します。そして徐々に断裂は後方、場合によっては前方、へと拡大していきます(図A)。

右肩の正面断面図
右肩の側面図(三角筋を除去した図)
腱板断裂肩
腱板断裂肩
図A.腱板断裂の病態

 

【原因】

  1.外傷性

    転倒して肩を強打するなど大きな外傷で起こります。中年以降になると重いものを持った時など軽微な外傷でも起こります。

  2.非外傷性
    加齢や長年にわたる肩の酷使で、徐々に擦り切れます。


【症状】

 ・安静時の痛み(特に夜間痛)

 ・腕を挙げるときや降ろす時の痛みやひっかかり

 ・腕を上げた状態での作業がつらい

 ・腕が上がらない  
        などがあります。
図B.腱板断裂の症状
 

   
【診断】
 
  腱はレントゲンには写らないので、MRIで診断をしますC

 

正面
側面
図C.腱板断裂のMRI
 
正面像:が腱板、部分が断裂部。正常なら黒い腱板が 大結節まで連続している。
側面像:部分が断裂部。が腱板。正常なら黒い腱板で上腕骨頭が覆われている。

【治療法】
 
  断裂の状態によって決まります。
    A:完全断裂(全層性断裂)の場合
 

通常手術を行います。
ただし健康状態が悪く手術できない方、高齢者で活動性の低い方などは保存治療(痛み止めの内服やヒアルロン酸の注射、リハビリ)を行います。

 
 
   B:不全断裂の場合
 

保存治療をまず行います。
保存治療で症状が改善しない場合は手術を行います。

   

【手術について】

 断裂した腱板の修復を行います。 腱板断裂部へのアプローチの仕方には、
   
   A. オープン法 〜〜〜〜〜〜 従来の大きく切開して修復する方法

   B. ミニオープン法  〜〜〜〜 一部の処置に内視鏡を使い、その後切開して修復する方法

   C. 鏡視下法 〜〜〜〜〜〜〜 全て内視鏡下に行う方法
                                  
があります。

  当院では鏡視下法で修復鏡視下腱板修復術をしています。

 現在、内視鏡を使うと広い視野で大きくしっかりと見ながら、正確に糸を腱板にかけることができる。
 それによって直接見る(オープン法、ミニオープン法)よりも、しっかりと腱板を修復できる。という考え方になっています。
 そのため、鏡視下法が一般的な方法となりました。
 
□鏡視下腱板修復術について□
5mm程度の小さい穴を数箇所作ります。そこから内視鏡を入れて、腱板の断裂部を確認します。
そして小さい穴から“アンカー”という丈夫な糸のついたネジを骨に埋め込み 、その糸を利用して腱板を修復します。
当院では最新の方法であるスーチャーブリッジ法 図D で修復しており、良好な成績が得られています(断裂の状態によっては、他の方法で修復することもあります)。
右肩正面断面図
右肩側面図(三角筋を除去した図)
アンカーを上腕骨頭の上面に挿入します(内側アンカーの挿入)。右図では2本挿入しています。次に内側アンカーの糸を腱板にかけます。


腱板にかけた内側アンカーの糸をもう1種類のアンカー(外側アンカー)に通します。
そして、大結節の外側部分に外側アンカーを打ち込みます(外側アンカーの挿入)。右図では2本打ち込んでいます。
そうすると腱板が大結節に固定されます。
図D.鏡視下腱板修復術の模式図(スーチャーブリッジ法)
糸を使って腱板を骨に押し付けている。そのため従来の方法より腱板と骨の間の接触面積、接触圧が大きくなり、腱板が骨に生着しやすくなります。

 

正面
側面
図E.腱板断裂術後のMRI

図Cの断裂をスーチャーブリッジ法で修復した術後6ヶ月のMRI

正面像:腱板()が大結節まで連続し、しっかりと固定されている。骨の中に黒くみえるもの青→はアンカー
側面像:腱板()で上腕骨頭が覆われている。骨の中に黒くみえるもの青→はアンカー

1
UP
2
UP
3
 
4
 
5
UP
6
UP
7
 
8
 

文責:札幌里塚病院 整形外科科長 合六孝広